スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

生姜の効いた「くず湯」

ポーラから、冷えや風邪を予防する「万葉くず湯」が発売されました。
15袋入りで3150円。

からだを温める素材として、生姜はもちろん、柚子や大根葉、蓮根などが入っていて、いかにもカラダに良さそうですね。

お湯で溶かすだけでなので、朝食やお夜食、小腹がすいたとき用にストックしておくと便利そうですね。
hie-tori * 冷え対策:食事 * 17:54 * - * -

冷えを撃退:冬の薬膳鍋レシピ

薬膳は美容にも健康にもいいと思い、以前から興味があってレシピ本を何冊も読んでみたのですが、なかなか定着させることができませんでした。
材料がちょっと特殊で手に入れるのが面倒だったり、味が薬っぽかったり、という理由で。

ところが、日経WOMANで紹介されていた「おうちでカンタン! 冷えもお肌の乾燥もこれで乗り切る!――冬の薬膳鍋 和風編」はどれも簡単そうで、しかも普段スーパーで簡単に買える身近な食材で作れます。
紹介されているのは、4種類の薬膳鍋レシピ。

・大根おろしのさっぱり鍋(胃の不調に)
・キノコ寒天鍋(ダイエット、美肌、便秘に)
・蓮団子の鍋(美肌、疲れに)
・黒ゴマしゃぶしゃ鍋(貧血、美髪に)

どれもおいしそうなので、順番に試してみたいと思っています♪

 ⇒ 冬の薬膳鍋レシピ(by 日経WOMAN)
hie-tori * 冷え対策:食事 * 11:59 * - * -

スープ「『冷え知らず』さんの生姜シリーズ

JUGEMテーマ:健康


春になっても肌寒い日もありますよね、体を冷やさないよう、くれぐれも油断しないようにしましょうね♪

ところで、永谷園の『「冷え知らず」さん』シリーズというカップスープ、ご存知ですか?
私はつい最近知ったばかりです。永谷園のHPに下記のメッセージが載っていました。

仕事もがんばりたいし、いつもキレイでいたい。そんな思いをもとに、私たちは、同じ働く女性の立場から
『「冷え知らず」さん』シリーズを開発しました。
忙しくても手軽に、おいしく食べられる『「冷え知らず」さん』が、オフィスで、おうちで、あなたの毎日のなかで、どうか、お役に立てますように。
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 08:00 * - * -

温性の食べ物って?

血のめぐり、つまり血行が良くないと、冷え性だけではなく、様々な体調不良や病気のもとになってしまいますよね。
どうしたら血行を良くすることができるか?そんな疑問に答えてくれそうなのが、「血めぐり研究会」。
血めぐり研究会の公式ブログは要チェックですね!

そのブログで特に気になったのが、「血めぐりアップのコツ〜まずは温性の食べ物を摂りましょう」という記事。
体を温めてくれる食べ物、逆に体を冷やす食べ物がわかりやすく表で紹介されています。冷え性の人は「体を温めてくれる食べ物」を意識して摂りたいですよね。
普段よく食べているものが「温性」の食べ物なのかどうか、チェックしてみると良さそうです。
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 11:54 * - * -

おいしい冷え対策

夏の暑さも本格的になってきましたね〜。
普段は冷房を極力避けている私ですが、台風5号の影響で猛暑となったときは、さすがに冷房のありがたみを感謝しました。

飲み物も、アイスコーヒーやジュース等の冷たいものは普段は避けています。
が、ここまで暑いと、どうしても冷たい飲み物が恋しい。

そこで見つけたのが、




なんともお洒落なジンジャーシロップ
スパイスが効いたジンジャーシロップのほか、甘めのブルーベリー果汁入り、さっぱりとしたレモン果汁入りと、3種類あります。
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 07:51 * - * -

デトックスで冷え改善

これまで、冷え性や冷え症になってしまった原因として主にご紹介してきたのは下記の5つ。

  ・自律神経失調、自律神経バランスの乱れ
  ・ホルモンバランスの乱れ
  ・血液のポンプ力低下(低血圧、筋力不足)
  ・貧血(鉄欠乏性貧血)
  ・体のゆがみ(骨盤のゆがみ 等)

そして、原因別の冷え対策の方法をまとめました。

で、最近気になってきたのが、冷えとデトックスの関係
詳しいことはまだ理解できていないんだけど、体に溜まった毒素が冷え症や肩こりの原因になるらしい。
「便として体外に出ていくはずの毒素が腸内にたまっていると、脂肪分や糖分をよけいに吸収してしまい血液はドロドロに」なり、血行が悪くなると冷えや肩こりなどをひきおこす要因になるのだとか。

  ⇒ 詳しくは、gooダイエット「毒出し脂肪燃焼スープが効く!」

実は私は体脂肪が高くて、脂肪を燃焼するダイエット法を探しているときに出会ったのが、上記 gooダイエットで紹介されていた「脂肪燃焼スープ」。

  ⇒ 私の脂肪燃焼スープダイエット記録

このスープを食べたことで直接血行が良くなったという実感はなかったけど、毒素排出=デトックス効果はかなり高いと思います!

  ⇒ 脂肪燃焼スープの材料と作り方
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 12:03 * - * -

冷えとりの食習慣

冷えとりプログラム<実践報告>で書いたように、冷えとり生活を始めてから続いているのが、金時生姜(金時ショウガ)

続いている要因は、やっぱり手軽だから。
ナマの生姜だと、干からびてしまったり、カビがはえてしまったり。
とにかく鮮度は落ちていく。それに毎回(一日に数回程度)すりおろすのは、どうしても面倒になってくる。
かといって、チューブ入り生姜は余計な添加物が入っているし、生姜の有効成分が減っているような気もする。
その点、粉末の金時生姜であれば、紅茶やココア、コーヒーなどにちょっと混ぜるだけ。あるいは、金時生姜+ハチミツをお湯で割るのもおいしい。お味噌汁や中華風スープに入れてもおいしい。
とにかく、使いたいと思ったときに、すぐ簡単に使えるのが、1年以上使い続けている要因だと思う。
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 09:56 * - * -

ビタミンEで冷えとり

冷えとりとアンチエイジングの為、ビタミンEのサプリメントを飲んでいます。

ビタミンEは血行をよくする働きがあり、冷え性・肩こりを和らげ、お肌の新陳代謝を促すことで、美肌にも効果があると言われています。
また、体内のホルモン分泌を調整する働きもあり、月経前や更年期の不快な症状を軽減してくれるという、非常にうれしい効果があるようです。
  ⇒ ビタミンEについて
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 09:38 * - * -

冷え対策:薬膳鍋でポッカポカ

「薬膳」って苦くて薬っぽいという思い込みがあったんだけど、先日、とってもおいしい薬膳鍋を食べました。

鍋が真ん中で2つに区切られていて、同時に2種類のスープで鍋料理を楽しみことができることに感動!
辛めの赤いスープと、出しがよく効いたマイルド味の白いスープでした。
鶏がらがベースだと思うんだけど、野菜の甘さなど複雑なお味。とってもおいしくて、ほぼ全部のスープを飲みきってしまったほど。

鍋の食材は追加で選ぶことができるんだけど、食材ごとに、「デトックス」や「疲労回復」「美肌」などの効能が書かれているので、気になる症状にあわせて選ぶことができる。
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 17:01 * - * -

バナナ酢を使ったダイエットカレーのレシピ

先月から試し始めたバナナ酢。おいしくて、つい飲みすぎてしまい、すぐに作りおきが無くなってしまいます(笑)。
 ⇒ バナナ酢の作り方

そのバナナ酢を使った、ヘルシーなダイエットカレーのレシピをみつけました。
続きを読む >>
hie-tori * 冷え対策:食事 * 09:49 * - * -
このページの先頭へ

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。