スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

私の「冷えとり」プログラム

・なにはさておき、まずは【腹巻】
・首から熱が逃げるのを防ぐ→【自宅:首にタオル】【外では:スカーフ等】
・漢方でいう「陽性食品」=体を温める効果があるものを中心に食べる
 「陰性食品」=体を冷やす効果があるものは、なるべく陽性食品に変換する工夫をする
・特に、生姜をとる習慣をみにつける(朝食に、生姜入りみそ汁等)
・就寝前に、両手&両足をブルブルふる(1/18追加)
・時々、「つま先立ち」する(1/27追加)
 「第二の心臓」と言われるふくらはぎの筋力アップの為。
・冷えに効くツボ押し。特に「三陰交」は毎朝真っ先に刺激する(2/2追加)
・骨盤のゆがみを治すため、毎朝(または夜)骨盤しぼり体操をやる(2/15追加)
これらの他に、昨年の夏から習慣になっている「にがり」も継続する。にがりにも美容や健康効果がいろいろあるみたいだが、鉄分を補うことで貧血や冷えに効果があるらしい。半年程続けていて特別な効果は感じていないけど、食べ物や飲み物に加えるとおいしく感じるので病みつきになった。

それからこれも昨年から続けている、お酢黒酢もろみ酢りんご酢の3種類をその時の気分や体調によって飲みわけている。これも継続する。
お酢の美容・健康効果もいろいろ言われているが、私の場合は肩こり解消や疲労回復効果を実感しているので、これも病みつき。血行をよくしてくれるので、当然冷えにもいいはず。ただし、お酢を水で割るのではなく、お湯で割るように変更する。

なんとなく健康に良さそうと思い、時々食べていた「発芽玄米」。
白米は陰性食品で、玄米は陽性食品。ということは発芽玄米も陽性食品だと思うので、もうちょっと頻繁に食べようと思う。
hie-tori * 私の「冷えとり」プログラム * 22:47 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:47 * - * -
<< 「冷えとり」の決意 | 冷えとりHome | 『タイプ別冷え症改善ブック』 >>
このページの先頭へ

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。