スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

冷え性の必需品=湯たんぽの品切れ続出

今冬は寒い。気象庁によると昨年12月の東日本と西日本の各平均気温は観測を始めた1946年以降、過去最低だという(読売新聞 2006年1月4日)。


【冷え性の三種の神器(?)】ともいえる、腹巻・湯たんぽ・5本指靴下。

その「湯たんぽ」が、今年は灯油の値段が高いこともあって、売れているのだそうだ。
実際、ネットで探しても品切れになっているお店が多い。メーカーの生産がおいつかず、品薄状態が続いているらしい。

プラスチック、ゴム、陶器、チタン、銅など、様々な素材の湯たんぽが売られている。
素材によって、使い勝手やメンテナンスのしやすさが違う。
また、容量も湯たんぽ選びのポイントかもしれない。容量が大きいほうが保温性がいいように思うけど、その分、お湯をたくさん沸かさなければいけないので、ちょっと面倒かも(無精者の私には無理だと思う)。
保温性が高く、長時間温かさを保ってくれる銅製のものが良さそう。しかも小型であれば、お湯の量も少なくてすむのでラクそうだ。

頑固な冷え性の私にとっては、湯たんぽは末永くつきあうパートナーになると思うので、ちょっと奮発して純銅製の湯たんぽを注文しちゃった。

  ⇒ 純銅製の湯たんぽ

早く届くといいなあ〜。
hie-tori * 冷え対策:グッズ * 21:36 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:36 * - * -
<< [冷えとり17日目]冷え対策ドリンク:生姜紅茶 | 冷えとりHome | [冷えとり18日目]冷え症に効くツボ >>
このページの先頭へ

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。