スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

冷え性になった原因別冷え対策

前回、「冷え性や冷え症を改善したいのであれば、何が原因でそうなってしまったのかを考える必要があります」と書きました。

どうして冷え性や冷え症になってしまったのか、その原因はいろいろあると思いますが、下記のようなことが主な原因かなと思います。

  ・自律神経失調、自律神経バランスの乱れ
  ・ホルモンバランスの乱れ
  ・血液のポンプ力低下(低血圧、筋力不足)
  ・貧血(鉄欠乏性貧血)
  ・体のゆがみ(骨盤のゆがみ 等)

1つの原因について、複数の対策があるはずです。あなたに合った対策を行い、ぜひ、はやく冷え性/冷え症を克服してくださいね!
少しでも参考になればと思い、私が冷え症を克服するのに、どのような対策をとってきたのか、冷えの原因別にまとめてみます。
まず、私が冷え症になった原因ですが、下記のサイトでチェックしました。

  ⇒ 冷え症チェック! (by iHealth)

このチェックの結果、4つ全ての複合タイプ。
つまり、自律神経失調で、ホルモンバランスも悪くて、ポンプ力もダメで、さらに貧血という、かなりショックな結果だったのです。
( ⇒ 2006年01月29日に、このチェックを行ったときの「冷え日記」 )

それで、具体的にどのような対策を行ったかというと、


<自律神経バランスの乱れ対策>

規則正しい生活のリズムを維持するように努めています。
就寝時間はちょっと乱れることがありますが、基本は夜9時半ぐらいに寝るようにしています。
起床時間は朝5時が基本です。就寝時間が何時になろうと、起床時間は変えないようにしています。
(ただ、最近は朝5時には既に空が明るくなっていて、早起きした感じがしないため、朝4時半に起きるよう変更を検討中)
とにかく、この生活のリズムが乱れないよう、曜日に関係無く、休日も平日も同じ時間に起きるというのがポイントです。

起床後は、読書のあとに、「朝の儀式」を行います。
「朝の儀式」は少しずつ内容が変化していますが、現在は下記のメニューです。

 ・ヨガ(ヨガの腹式呼吸が自律神経のバランスを整えるのにいいらしいです)
 ・チベット体操(これは冷えとは関係なくて、「若返り」の為にやっています)
 ・骨盤しぼり体操(1分で出来る簡単なもの)


<ホルモンバランスの乱れ対策>

ホルモンバランスを調整してくれるビタミンEのサプリメントをのみました。
いま現在は、プラセンタをのんでいるのでビタミンEは中止しています。
前回も書きましたが、プラセンタにもホルモンバランスを調整する働きがあるので。
ホルモンバランスの乱れは自律神経バランスを乱す要因にもなるので、ホルモンバランスの乱れ対策は自律神経バランスの乱れ対策にもなっているはず。


<血液のポンプ力低下対策>

筋肉強化、特に下半身の筋肉を鍛えて足のポンプ力をアップさせることに重点をおきました。
最初に取り組んだのは、「つま先立ち」。簡単だと思うでしょうが、最初は足の筋力がないのでフラフラしてしまい、うまく「つま先立ち」が出来なかったんです。
「つま先立ち」をやったらふくらはぎが少し筋肉痛になりました(笑)。

次はスクワットです。これも最初は難しくて、普通のスクワットは出来なかったので、途中までひざを曲げるハーフスクワットから挑戦しました。これも、最初は5回やるのもやっと、という状態だったんです。
が、毎日続けているうちに、普通のスクワットを50回出来るまでになりました。

スクワットだけではちょっと物足りなくなってきたので、「スロトレ」に変更しました。スロトレとは、スロートレーニングの略で、ゆっくりとした軽い負荷の筋トレで、筋肉をだまして脂肪を燃やしやすくするトレーニング方法のこと(⇒ スロトレの本)。

そして、現在はスロトレも物足りなくなったため、カーブスに週4〜5回ぐらい通っています。
カーブス(Curves)とは、女性専用のフィットネスクラブ。筋トレ・有酸素運動・ストレッチの3種類を組み合わせた独自のプログラムが特徴です。
(⇒ カーブス(Curves)のホームページ
全身の筋肉をバランス良く鍛えることができ、有酸素運動も組み合わせるので血行がよくなり、非常に快適です。


<貧血(鉄欠乏性貧血)対策>

貧血については、ちょっと対策が甘いです(反省)。
めまいなどで「ヤバっ、貧血っぽい」と自覚してから、慌てて、マグロや牛肉、カキなどを食べています。
毎朝、鉄のサプリメントを摂っていましたが、なんだかあまり効果が無かったかも。
いまはプラセンタをのんでおり、プラセンタには造血作用があるためか、調子いいです。
(⇒ プラセンタについての詳細


<体のゆがみ(骨盤のゆがみ)対策>

体のゆがみについては、ゆがんでいるという自覚は無かったものの、骨盤のゆがみを治す体操(「骨盤しぼり体操」というらしいです)を試したところ、体調が良くなったので、やっぱりゆがんでいたんだと思います。
この「骨盤しぼり体操」、前述した「朝の儀式」のメニューの1つとして、今でも毎朝続けています。
重い荷物を持ったり、足を組んでしまったりして、どうしても骨盤はゆがみやすいため、日々、メンテナンスをしたほうがいいかなと思って。


私の場合、冷えをおこす原因が多かったため、対策もいろいろ必要でしたが、該当する冷えの原因が少なければ、それほど大変じゃないと思います。
冷えでお悩みのみなさん、ぜひ冷えを克服してくださいね!!
hie-tori * 私の「冷えとり」プログラム * 16:00 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:00 * - * -
<< プラセンタが冷えに効くワケ | 冷えとりHome | 骨盤しぼり体操 >>
このページの先頭へ

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。