スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

足の冷え対策

秋も深まり、足の冷えが気になる人も増えてきたのではないでしょうか?
体の中で冷えが気になる場所として、手やお腹、腰、太ももなどあると思いますが、寒くなってきてまず冷えてくるのは、やっぱり足でしょう。

そして、足が冷えると体全体が冷えてしまいます。
というのも、重力の影響で体の血液の約70パーセントが下半身に集中しているそうです。
血液は酸素や栄養素を細胞へ運んでいますが、それだけではなく「熱」も運んでいるんですよね。血行が悪くなると熱の循環も悪くなり、足、そして体全体が冷えてきます。
「頭寒足熱」という言葉がありますが、冷え対策はまず足から行いましょう。

足の冷え対策として最初におすすめしたいのは、絹の5本指靴下

足の裏は一日にコップ一杯分の汗がでると言われる程、とくに足の指と指の間って、意外と汗をかきやすい場所なんですよ。
ストッキングをはいている人が多いと思いますが、ストッキングは汗を吸ってくれないのでいつも湿って冷えやすいんです。
その点、5本指靴下なら指の間の汗をしっかり吸いとってくれるので足の冷え予防になります。最近ではお店でも5本指靴下をよく見かけるようになりましたね。
5本指靴下でも、出来れば絹の5本指靴下のほうがよりおすすめです。

というのも、絹は夏はサラッと涼しく、冬は温かいといううれしい特質があるから。
また、絹には排毒作用があり、毒素出しに非常に効果があると言われています。
絹は汗などを吸収すると、そのままどんどん外へ発散する力が強く、絹自体は汗などの毒素で一杯になることなく毒素を絶えず吸収し、発散し続けるそうです。
その為、冷え取り健康法では、絹の5本指靴下の上に綿の靴下を重ね履きするというのが基本です。絹が吸収した汗や毒素を外側の綿の靴下に吸わせるわけです。

靴下の重ね履きに抵抗があるという方は、まずは絹の5本指靴下を試してみてはどうでしょう? 絹のサラッとした感触が気持ちいいですし、足指の間から汗がたっぷり出ていることも実感できると思います。

絹の5本指靴下を試してみて良さそうだと思ったら、さらに効果を上げるために綿の靴下を重ね履きしてみるといいと思います。

ただ、重ね履きの注意点として、靴下のゴム部分など締め付けがきつくないものを使ってくださいね。というのも、締め付けがきついと血行が悪くなって逆効果ですから。

もし本格的に冷え取り健康法を実践してみたいという場合は、絹と綿の重ね履きセットがいいと思いますよ。

  ⇒ 冷え症対策として開発された、絹と綿の重ね履き3点セット

それでもやはり重ね履きは難しいという場合は、肌にふれる部分はシルクで外側が綿になっている5本指靴下というものがあります。これは一枚で、絹+綿の重ね履き効果も期待できるという優れものです。

  ⇒ 肌側シルク・外側コットンの5本指靴下

外出時はストッキング派、という方でも、せめて自宅にいる間は絹靴下で足の冷え対策をしてはいかがでしょう?
hie-tori * 足の冷え対策 * 14:21 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:21 * - * -
<< 冷えと骨盤の関係 | 冷えとりHome | 足の冷え対策(2) >>
このページの先頭へ

当サイトでは、Google よる AdSense 広告サービスを利用しています。ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このような情報が使用されないようにするには、「Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー」(英語のページです)を参照してください。